30女の思うこと ~上海女子物語~ 17話・18話・19話・20話 あらすじと感想

30女の思うこと ~上海女子物語~

30女の思うこと ~上海女子物語~ 読み方:(さんじゅうおんなのおもうこと シャンハイじょしものがたり)2020年 全43話 原題:繁体字:三十而已、簡体字:三十而已

【BSオリジナル版】全38話となっています。オリジナル版は全43話。

第17話あらすじと感想

「花火のメッセージ」

ジアの30歳の誕生日、用意されていた数々のプレゼントにジアは感動する。その後ジアとファンシャンはヅーイェンも連れて北京の花火のショーへ。ファンシャンが仕事をしている間、ジアはヅーイェンと一緒に遊園地を回っていた。夜、遊園地でファンシャンの花火が打ち上げられると、ヨウヨウはその中に特別な花火を見つける。

引用元:bs12 30女の思うこと 〜上海女子物語〜
dim-sumさん

花火打ち上げ前日、遊園地職員のヨウヨウは甲斐甲斐しくファンシャンの世話をします。

ヨウヨウは帰宅時にファンシャンをサッカー場に誘いました。ファンシャンは怪我をしたら仕事に影響するからと一度は断りますが、結局ボールを蹴ります。

ヨウヨウは、当日自分の名前の花火を見つけファンシャンを探しました。しかしグージアと子供の3人で仲良く話す様子を見て、その場を離れます。その後ファンシャンに花火の意味を尋ねますが、ファンシャンは謝礼と別れの意味と返信しました。

マンニーの店では顧客を集めてショーが開かれます。その場で客の1人が怪我をし騒ぎになりますが、マンニーの素早い対応で事なきを得ました。本部から視察に来ていたアマンダが対応の良さと機転を褒め、2人はデザイナーの話で意気投合。一緒に展覧会に出掛けることに。

ビルのイベントを担当するシャオチンは、後輩のシャオヤンと残業することになり、離婚のときは初めて自転車の補助輪を外すとき以来の思い切りが必要だったと振り返ります。この30年ずっと人の期待を背負って詰まらなかったから、これからは自分らしく好きなことをしたいと話します。

30歳の記念バーティーが派手過ぎる!跪いて指輪を渡されたら恥ずか死にそう、どうしたら良いのか解らないです…。そしてマンニーがショーで自分の売り上げが無くなっても怪我をした客のケアを優先する態度、素晴らしいと思います。これなら本部のアマンダから褒められても当然かも。

ジアは茶工場で大儲けするはずが、投資失敗だったようですね。冒頭折角盛り上がったのに。遊園地のヨウヨウは積極的で、ファンシャンも空気が抜けたサッカーボール扱いされても情に流されるし、幸せなままでは終わらないかも…。

シャオチンは今まで我慢していたことを後輩に打ち明け、ようやく吹っ切れたようです。夫は離婚後ようやくシャオチンに関心を向けるようになったのに、すれ違ってますねえ。

第18話あらすじと感想

「絶体絶命」

湘西にある製茶工場を訪れたジアとファンシャン。そこで知らされた事実は信じがたいことだった。工場を畳む選択肢もあったが、村長に茶畑を案内されたジアたちは、懸命に生きる村の人々と職人たちの誠実な仕事ぶりに心を動かされる。一方、香港への異動の話が出てきたマンニーはリャンに報告するが、リャンはあまり歓迎せず…。

引用元:bs12 30女の思うこと 〜上海女子物語〜
dim-sumさん

茶工場では、帳簿の改ざんや有機認証が期限切れで罰金が発生するなど問題が起きていました。経理担当からは損失を最小限に抑えるには工場を閉鎖すべきと言われ、ジアは現地調査もせずに購入を急いだ自分を責めます。

閉鎖を決断した夫婦に、工場長兼村長が茶畑と工場の見を申し出ます。村長から工場が無くなれば村の収入が無くなると聞き、ジアは損失を出しても工場を締めたくないと考え、ファンシャンも同意しました。

マンニーはアマンダに香港行を願い出ます。そしてリャンに香港に異動できそうだと嬉しそうに伝えます。対するリャンはよく考えた方がいいと乗り気ではなさそう。

シャオチンの夫は弟に聞かれ、離婚を打ち明けました。一番の理由は流産で、誰からも聞かれなかったが自分の悲しかったと話します。弟はシャオチンに気持ちが伝わっていないし誤解されたままと呆れます。夫は妻は生涯シャオチン一人だと思っていると呟きます。

シャオチンはマンニーに後輩のシャオヤンとの仲を聞かれ、告白されそうになり戸惑ったと話します。シャオヤンは軽いし、真剣じゃないと思うと答えました。

マンニーはリャンと、男性陣の経済の話を聞いていました。しかしリャンはマンニーが退屈していると思い、女性たちと一緒に居るように言います。マンニーは自分は飾りで居る気はないと帰ってしまいました。

上海から車で9時間半(東京から長崎くらい)離れた湖西の、段々に続く茶畑と、茶摘みから焙煎まで全て手作業で行う茶工場。大都会の上海と、穀物が出来ない程険しい山村の違いに驚きました。村には茶工場しか収入減が無く、年35万円くらい(マンニーの1.5か月分)で一家が暮らしていると村長は話します。ジアは働く子供たちと、自分の子供が重なって見えたのでしょうね。李夫人に電話をしても、契約は済んだのだから残金を期日までに支払えと言われ、頭を抱えます。巨額の負債を抱えてこれからどうするのでしょう。

第19話あらすじと感想

「小さな違和感」

ジアは夫人たちの集まりに顔を出し、製茶工場を続けると宣言する。夫人たちの歪んだ価値観を批判して、ジアは夫人たちに別れを告げる。マンニーはリャンが手続きしてくれたスポーツジムで、見知らぬ女性と言葉を交わす。その後リャンが香港に帰る際に、マンニーも一緒に行こうとするが、リャンは途端に歯切れが悪くなる。

引用元:bs12 30女の思うこと 〜上海女子物語〜
dim-sumさん

マンニーは、自家焙煎とハンドドリップのコーヒー店オーナーになった元彼のジャン・チェンに会いました。同じ街に居ても逢わなかったと言うマンニーに、ジャンは互いに背を向ければ逢わないものだと答えます。

その後ジアとシャオチンにジャンとの経緯を話します。彼と結婚していたら平凡な幸せは得られたと思うが、自分を導いてくれる人を求めていたと。3人は改めて自分たちのために頑張ろうと話しました。

ジアは茶工場で、村長から環境汚染と無縁な山奥だからこそ、品質が良い茶ができるが、販路が無いと言われ、ジアは自分が何とかすると応じます。

ある日マンニーの店に、ジムで会った女性が来ました。客は試着を繰り返し、4時間居座った末ネクタイを1本だけ買って帰ります。マンニーは嫌な客だと愚痴を言います。

シャオチンの元夫は、関係を修復しようと弟の知恵を借り作戦を実行。そして義両親宅で良い婿ぶりを発揮、シャオチンに何かおかしいと言われます。元夫は作戦の効果が出たかと思いきや予想外の反応にがっかりしました。

工場から戻ったジアは、出資してくれる会社を探します。しかし企画に魅力を感じないと言われ中々上手くいきません。

シャオチンは、シャオインから自動車教習所へ連れていかれ教習をプレゼントだと言われます。戸惑うシャオチンは背中を押されて、教習所通いを決意しました。

富豪夫人たちにタンカを切ったジア。夫の肩書と価値観で生きているとか、金満ぶりを自慢し合うのはみじめだと言い、夫人たちも一般人のジアが邪魔だったと言い返します。それにしてもジアを排除するために罠を仕掛たとは、怖いなあ。

シャオチンは、離婚で家の権利を折半したことを夫が後悔していると誤解したようです。夫が復縁を望んでいるなんて考えたこともない?完全に吹っ切れたのでしょうか。

リャンと一緒に居たいマンニーが香港行きをせがんでも煮え切らないリャン。香港に何か秘密があるのでしょうね。

第20話あらすじと感想

「お客様の正体」

製茶工場に投資してくれる企業は見つからず、ジアは弱気になる。しかし村長と電話で話したジアは、最後に営業に訪れた会社に引き返し、製茶業に対する率直な思いを語る。一方、マンニーの店にジムで出会った女性が再び現れ、ネクタイを購入。彼女のクレジットカードにリャンの名前を見つけ、ひどく驚くマンニー。女性の正体は…。

引用元:bs12 30女の思うこと 〜上海女子物語〜
dim-sumさん

ジアは出資先を探すうちに、工場の一番の売りは食品偽装とは無縁の、村人たちの誠実な仕事ぶりだと気付きます。そして事業の一番の目的は利益より、子供たちが衣食に困らないことだと力説。最後に交渉した会社が出資を申し出ます。

マンニーが接客した女性客は、7年前からリャンと事実婚関係にあると打ち明けます。そしてマンニーに、尊厳と仕事を失いたくないならリャンと別れて欲しいと言いました。マンニーはショックのあまり仕事でミスを犯しました。

その後リャンはマンニーに、女性との関係を清算して上海に住むので時間が欲しいと言います。ここまで愛しているのはマンニーだけと。

ジアは夫のデスクから、見慣れないキーホルダーを見つけました。しかし息子への土産だという夫に不信感を抱きます。そして運転手(シャオチンの義弟)に、夫が1人で車に乗った時の行動を教えてくれるよう頼みました。

シャオヤンに送って貰ったシャオヤンは、家の前で元夫と鉢合わせし、会社の後輩だと言い、シャオヤンはガッカリした様子。一方の元夫は、シャオチンの為に周囲に離婚を隠しているのに、近所にバレると憤慨します。

その後シャオヤンはシャオチンに正式に告白しますが、シャオチンは年の差や離婚歴を言い訳に返事ができません。マンニーに聞かれると、真剣になるのもなれないのも怖いと答えます。

ジアは機械化すると村人たちの職を奪い、伝統の技も失われると訴えました。優秀なジアでも、利益を上げて職人も守るのは難しそう。正義感が強いマンニーにとって、事実婚相手の女性から、リャンの愛人と指摘されるのは我慢できないでしょう。それにしても激怒するでもなく4時間も職場に居座る事実婚相手、怖いなあ。シャオチンと元夫は、もう夫婦には戻れないのでしょうか。かと言ってシャオヤンとシャオチンが交際するのも微妙な感じ。離婚してすぐ同僚と交際するのは、周囲の目もあるし6歳年下となると色々考えてしまいますね。

【放送情報】

【万華楼~金糸が紡ぐ運命の恋~】

●BS12 全36話 (2020/6/14~)(火)スタート月~木曜 夕方 5:00~6:00

万華楼~金糸が紡ぐ運命の恋~ あらすじと感想 キャスト・相関図 主題歌ネタバレ

【萌医甜妻~ボクの可愛いお医者さん~】

●【テレビ初放送】BS11 (2022/6/21~) 毎週月~金曜日 午前10時00分~11時00分 日本語字幕放送・全28話

萌医甜妻~ボクの可愛いお医者さん~ キャスト・相関図 各話あらすじと感想

関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP