パラレル・ラブ 5話・6話・7話・8話 あらすじと感想

パラレル・ラブ

パラレル・ラブ~オレ様御曹司を社長にします!〜 2020年 全24話 原題:時間倒數遇見你 (时间倒数遇见你)

ARISAさん

第5話 あらすじ

仕事の話があると会長に呼び出されたジアオ・ヤンが会長室に向かうと、そこにはジャオ・イエンが。イエンは新しくオープンするホテルについてプレゼンする。その後、オフィスへ戻ったヤンとイエンは社員達を集めて会議を始めるが、リン・ミアオは会議の邪魔をしないでくれと言われてしまう。

会議に参加できないミアオは、おばあちゃんを助けるために会社を早退する。おばあちゃんが倒れた時間の5時間前に病院へ到着したミアオだが、彼女のおばあちゃんはすでに倒れ、病院に運ばれていた。10年前のミアオことウェイジュンは病室で悲しみに暮れていた。その姿を見たミアオは、変えられなかった過去にショックを受ける。そしてミアオはピエロ姿で、ウェイジュンのことを慰める。

翌日、徹夜で考えたプロジェクトを会長に提出したヤンとイエン。しかしミアオがこのプロジェクトに参加していないことを知った会長は、彼女をプロジェクトに加えろと命じる。そのことからイエンは、ミアオにホテルの専任バトラーという仕事を与える。しかしミアオをキツイ仕事だと言われている専任バトラーに選んだイエンはパワハラをしているのではと社員達はざわつく。しかしミアオはこの仕事をやり遂げると決心する。そしてミアオはこの仕事が終わったらヤンの家から引っ越すと宣言する。

新しくオープンするホテルのモニターとして宿泊する事になった客の専任バトラーになったミアオ。しかしイエンがミアオに割り当てた客はかなり神経質であり、ミアオは大量の資料を読み込む。そんな中、ヤンはミアオのことをさりげなく手伝うようにシン秘書に対して指示する。

その一方で、ミアオは資料の情報をもとに客室を掃除していた。そこに偶然を装ってシン秘書が部屋に入ろうとする。しかし折角掃除した部屋を汚したくないと思ったミアオは、彼を部屋に入らせない。全てはヤンの指示だと気づいたミアオは、ヤンがなぜ自分に起こっているのか教えてほしいとシン秘書に頼む。彼は「辞」という字と関わりがあると告げ、そのまま去ってしまう。

客のためにプールの温度を測っていたミアオ。そこにヤンたちがやって来る。突然来たシン秘書に驚いたミアオは、ヤンのことをプールに突き落としてしまう。びしょびしょになったヤンはシャワーを浴びるために、ホテルの部屋へ戻る。そしてミアオも客室を清掃するために部屋へ戻る。しかしミアオが客室のシャワー室を開けると、ヤンの姿が。

部屋を間違えたヤンに対し、部屋を折角掃除したミアオは怒りが隠せない様子。部屋をもとに戻すために掃除をしようとしたミアオだが、部屋が突如停電してしまい…。

第5話感想

今回のストーリーではミアオのおばあちゃんが倒れた日がやって来ました。おばあちゃんを助けようと意気込んでいたミアオでしたが、結局過去を変えることは出来ず、ミアオはショックを受けたウェイジュンのことを慰めました。辛い過去を変えられなかったことは悲しいですが、ウェイジュンにはこの辛い過去を乗り越え、前を向いて歩んでほしいです。

そしてミアオは専任バトラーとして働く事になりました。イエンにキツイ仕事を任されたミアオですが、彼女ならそれも乗り越え、完璧にこなせる気がします。ホテルの口コミにも関わる今回の仕事がどうなっていくのか気になります。

第6話 あらすじ

停電になった部屋の電気は復活するが、リン・ミアオとジアオ・ヤンが一緒にいる姿をシン秘書に見られてしまう。その後、ショウガ茶をヤンへ届けに行こうとしていたジャオ・イエンとすれ違ったシン秘書は、イエンの猫が逃げたと嘘をつき、彼女のことを引き止める。

そしてモニターの客がホテルにやって来る。ミアオが担当するスイ・イーは、ヤンの予想とは裏腹に若いイケメン男性だった。「専属バトラーとはいえ献身的すぎる」と嫉妬を隠せないヤンは、ミアオの仕事を手伝うようシン秘書に命じる。

ミアオはスイに部屋の案内をし、問題なく業務は進んでいく。プールに行くスイに付き添ったミアオ。献身的に彼の世話をするミアオを見たヤンは、話があると言い2人の元へ行く。そんな中、プールサイドにはイエンの猫が。猫アレルギーを持っているスイとミアオはなこのことを怖がるが、そこにスー・チョンジュンが現れ、2人のことを助ける。

その後も一日中スイに付き添っていたミアオ。それを聞いたヤンは、ミアオの食事を用意させる。偶然を装ってスイに接触したヤンは、彼と2人で宴会が行われるレストランへと向かう。そこでシン秘書から呼び出されたミアオは、空いた時間を使って食事をする。

レストランへ行くためにヤンの部屋を訪ねたイエンだが、彼の部屋からはミアオが出てくる。そのことでイエンは2人の関係を問い詰める。そんな中、ナプキンで口を拭いたミアオは、呼吸困難になり倒れてしまう。ヤンもそのことを聞きつけ、ミアオの元へ急ぐ。猫のアレルギー反応が出たようだと医者に言われたミアオは、スイの元へ薬を届けに行こうとする。今にも倒れそうなミアオを見たヤンは、彼女のことをお姫様抱っこしてレストランまで連れていく。レストランに到着するとスイも意識を失っていた。ミアオが飲ませた薬のおかげで一命は取り留める。しかしスイに薬を飲ませた後、ミアオはまた意識を失ってしまう。その後、倒れた2人は無事に目を覚ますが、スイはヤン達に会おうとはしなかった。

今回の事で会社の株は暴落してしまい、責任を問われたヤンは、1日以内に今回の原因を突き止めなければ解任される事になってしまう。自分が解任されなければ部下たちがクビになると言われたヤンは、部下を守るためにも1日で原因を究明しようと奮闘する。

ヤンの状況を知ったミアオはスイの元へ行き、謝罪する。そこにヤンも現れる。スイに謝罪をするヤンだが、スイはすでに告訴の準備を進めていた。スイに対して自分にだけ責任追求をしてくれと頼むヤン。そんなヤンのことをミアオは庇う。しかしミアオ以外の部下もヤンを守るために奮闘しており…。

第6話感想

今回はモニターがホテルに宿泊する日がやって来ました。ミアオの活躍により問題なく仕事は進んでいましたが、猫アレルギーだったスイとミアオが倒れてしまいました。そんな中で責任を問われたヤンは、1日以内に原因を究明しなければ解任させられる事になってしまいました。ヤンが解任されてしまえばミアオの計画は全て台無しになってしまいます。ヤンがどうなっていくのか気になります。

そんな中で、今回もヤンの可愛いシーンに癒されました。スイを献身的に世話していたミアオですが、その事に嫉妬したヤンがとても可愛かったです。その他にも、何かとミアオのことを気にかけているヤンがとても可愛くて癒されました。

第7話 あらすじ

ジアオ・ヤンとその部下達の尽力により、ホテルの告訴は取り下げられる。しかしこの件はヤンを失脚させようとするリー常務が仕組んだことだった。翌日、理事会で告訴が取り下げられた報告をしたヤンは、ホテルの新たなサービスも提案する。理事会でヤンことを絶賛するリー常務。しかしヤンはその事に違和感を感じていた。

そんな中、ホテルのサイトに猫アレルギーの件が書き込まれ、ヤンが非難されていることが判明する。数万件にも及ぶコメントが書き込まれたことから、ヤンはホテルの経営権を剥奪され、副社長を解任されてしまう。

海辺で落ち込んでいたヤンのもとにリン・ミアオが。彼女はヤンを失脚させるために誰かが裏で糸を引いていると告げる。黒幕を暴くために、ヤンとその部下達は調査を始める。顧客になりすまして書き込んでいる人物を特定し、その人物がいるネットカフェに突入する。逃げる犯人を追いかけるヤン。そんな彼の姿を偶然目撃したスー・チョンジュンも、犯人を追いかける。こうして犯人は無事確保される。

実行犯が確保され、調査すれば黒幕も判明すると安心した社員達は飲み会を開く。みんなが酔い潰れる中で、2人きりになったミアオとヤンはお互いに感謝を伝える。そしてヤンはミアオにキスをしようとするが、その瞬間シン秘書が起きてしまい、慌てて2人は離れる。翌朝、昨夜のことを思い出す2人。出勤したヤンは、ミアオの姿を見て咄嗟に隠れるが、2人は何事もなかったかのように過ごす。

そんな中、ヤンは母親が建設したユエロンリゾートホテルの再開発をするように会長から頼まれる。しかし乗り気ではないヤンは、会長とまたもや口論になる。そしてミアオは会長に呼び出され、彼女はユエロンリゾートホテルの再開発をするようにヤンを説得する。そしてヤンとミアオはユエロンに行くことになる。

ヤンと会長が、ヤンの母親であるリアン・ユージュンの墓を訪れると、その墓の前にはチョンジュンが。実はチョンジュンも父親は違うものの、ヤンと同じくユージュンの息子だったのだ。しかしチョンジュンが上司であるウー部長に目の敵にされていることを知ったヤンは、ユエロンリゾートホテル開発のチームメンバーにチョンジュンを加えることにする。昇進のチャンスを掴んだチョンジュンだが、ウェイジュンとはすれ違って行き…。

第7話感想

猫アレルギーの件も無事に解決へと向かい、その後開かれた飲み会で酔っ払ったヤンはミアオにキスをしようとしました。しかし、結局その後シン秘書が起きてしまいました。思わぬところでヤンとミアオの関係が動き始めそうになり、これからがとても楽しみです。

そんな中、ヤンとミアオはユエロンリゾートホテルの再開発を担当する事になりました。そのチームメンバーにチョンジュンも加わる事になりましたが、彼の母親はヤンと同じユージュンだと判明しました。複雑な状況でこれからストーリーがどう展開していくのかとても楽しみです。

第8話 あらすじ

ユエロンリゾートホテルへ行く事になったジアオ・ヤンとリン・ミアオは、喧嘩をしながらも荷造りを進めていく。翌日、ヤン、ミアオ、スー・チョンジュンの3人は同じ車に乗り、ユエロンへと向かっていた。しかしヤンは大事なものを忘れたと言い、ミアオと共に車を降りる。シン秘書に胎児なクッションを届けさせたヤンは、シン秘書の車に乗ってミアオと2人でユエロンへ向かう。置いて行かれたシン秘書が途方に暮れていると、そこにジャオ・イエンが車に乗って現れる。そしてイエンとシン秘書もヤンを追ってユエロンへと向かう。

こうしてヤンたち3人はユエロンへ到着したのだが、ホテルには従業員はおろか人ひとりもいなかった。3人がホテルの中へ入って行くと、そこに幽霊が現れる。驚いた3人は必死に走り、とある部屋へと逃げ込む。その部屋はヤンとチョンジュンの母親であるリアン・ユージュンのアトリエだった。その部屋で母親との思い出に浸るヤン。部屋を出ようとした3人だが、いつの間にか部屋には鍵がかかっており、3人はアトリエに泊まる事になる。

翌朝、ミアオとヤンの雰囲気が良くなる中で、部屋の鍵はいつの間にか開いていた。そして部屋を出ると、一風変わった従業員のジョウ、リウ、ジーズーが3人を迎える。開店休業状態にあるこのホテルの従業員はこの3人だけだった。

従業員の副社長である自分への態度が気に入らなかったヤンは、全員解雇してやると怒りをあらわにする。再開発をして、ホテルを立て直そうと意気込むヤン。その一方でチョンジュンは取り壊して新築した方が良いと考えていた。そんな中、イエンとシン秘書もユエロンに到着する。

昨夜の幽霊事件は誰かが芝居を打っていると考えていたヤンは、証拠を残すための作戦に出る。そして幽霊に遭遇したヤンとミアオは、その幽霊を全力疾走で追いかける。その幽霊の正体はホテルの支配人であるジョウの姪、シャンシャンだった。

ヤンが残したはずの証拠は消えており、誰かがヤンを嵌めようとしていた。そしてシャンシャンはヤンと結婚すると騒ぎ始める。そんな中、この騒ぎをおさめようとしたヤンは、ミアオが婚約者だと宣言し、彼女にキスをする。そんな2人の姿を見たイエンは取り乱す。

こうしてこの騒ぎも収まり、ミアオの部屋にイエンが訪ねてくる。ヤンと結婚することが夢だと話すイエンは、ヤンは絶対に渡さないと宣言する。全ては芝居だったと釈明するミアオ。そのことを聞いたイエンは、ヤンに告白すると告げる。イエンに「もうヤンに近づかないでくれ」と言われたミアオは…。

第8話感想

今回、騒ぎを収めようとしたヤンはミアオが婚約者だと宣言し、彼女に2回もキスをしました。芝居だったと言い聞かせていたミアオですが、その前にあった朝のシーンでも2人はいい感じの雰囲気になっており、2人が惹かれあっているのは間違いないですよね。

そんな2人の姿を見てショックを受けたイエンは、ミアオに「もうヤンに近づかないでくれ」と言い放ちました。しかしその言葉を聞いたミアオは微妙な反応を示していました。今後、三角関係に発展しそうなこの3人がどうなって行くのか気になりますし、楽しみです。

【放送情報】

 

【如意芳霏(にょいほうひ)~夢紡ぐ恋の道~】

●BS11 (2022/12/9(金)~) 毎週月~金曜日 午前10時00分~

如意芳霏(にょいほうひ)~夢紡ぐ恋の道~ キャスト・相関図 ネタバレ あらすじ

 

【狼殿下-Fate of Love- 】

●チャンネル銀河 2022/12/10(水)~

●【BS初放送】BS11 2023/1/12(木) 15:29~

狼殿下-Fate of Love- あらすじと感想 キャスト・相関図 ネタバレ

 

【黒豊と白夕~天下を守る恋人たち~(且試天下)】

●【日本初放送】衛星劇場 12月18日(日)午後7:30~の第1話先行放送 2023年1月より本放送スタート!全40話

黒豊と白夕~天下を守る恋人たち~(且試天下) 全キャスト紹介 相関図 ネタバレ

 

【美人骨~前編:周生如故~】

●【日本初放送】衛星劇場 2022年12月18日(日)午後8:30~の第1話先行放送 2023年1月より本放送スタート

美人骨~前編:周生如故~ キャスト あらすじ ネタバレ

 

【愛しい僕のラッキーガール】

●TBSチャンネル1 (CS) 2022年12/20(火)27:30~

愛しい僕のラッキーガール 各話あらすじと感想 キャスト・相関図 

 

【これから先の恋】

●【日本初放送】ホームドラマチャンネル(2023年1月より本放送)【第1話先行】(2022/12/29~)20:00~

これから先の恋 キャスト あらすじ OST ネタバレ

 

関連記事

現在放送中の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ツイッター

TOP