成化十四年~都に咲く秘密~ 9話・10話・11話・12話 あらすじと感想

成化十四年~都に咲く秘密~

成化十四年~都に咲く秘密~2020年 全48話 原題:成化十四年(英語:The Sleuth of Ming Dynasty)

nanaさん

第9話 あらすじと感想

公務で遼東を訪れていた汪植は数百頭の馬が盗まれる事件に遭遇する。遼東に集まっていた部族の代表たちは互いに盗んだ犯人だと疑い、争いとなってしまう。部族を鎮め、馬市を再開するよう皇帝の命令を受けていた汪植は早速、馬がいた場所を調べるが何の痕跡も見つからず、捜査は暗礁に乗り上げてしまう。一方、隋州が黄景隆によって牢に入れられていると判断した唐泛は無事を確かめるため自分も投獄されるように仕向けるが…。

引用元:bs11 成化十四年~都に咲く秘密~

隋州のピンチに吉安府に出向いた唐泛はいつもの推理で隋州が牢に入れられていることを察知して自分で牢に入るよう芝居を打ち隋州と再会します。隋州の部下の薛凌は唐泛の為に勝手に船を用意したことで捕まってしまい、唐泛は一人都に戻り汪植のいる遼東に向かう為オイラト人に馬を借りに行くのですが。遼東の汪植のところでもたくさんの馬が忽然と消えてしまう事件が起きています。

両方の事件ともなかなかの難事件で唐泛が二人いたら助かるのにと思ってしまった、どうやって唐泛が二つの事件を解決するのか、唐泛の頑張りにかかっています。隋州の方は唐泛が気付かなければ殺されてしまったかもしれない。隋州の上司・万通が隋州の事を親身に考えてくれないことが酷い。錦衣衛が素早く動いてくれたら地方の極悪役人なんて簡単にやっつけられる筈なのに隋州が可哀そうすぎます。唐泛は汪植に助けを求めるようだけど、そもそも隋州の大叔母は皇太后で、錦衣衛の万通の姉が万貴妃で汪植の主なのだから隋州と汪植は助けあえるのだろうか?とても友人になれると思えないけど唐泛がいるから三人でバランスが取れてるのかも。二人とも仕事には忠実だから良き仲間になれるのでしょうか。

ところで9話のNG集は見ましたか?あの唐泛と隋州に入浴シーンでした、白いのは牛乳風呂でしたね、二人のいちゃついてる姿が可愛かったです、ちょっと一緒に入りたそうでした。このドラマの挿入歌に「夜闌珊」という曲がありますが、主役の3人が歌っています。この歌いいです、グアンホンのラップも良いし3人の声も合ってるしサントラ盤が欲しくなりました、ちょっとアイドルグループみたい・・・ドラマのイメージにぴったりの曲ですどんなシーンで聴けるのか、もうかかってたのかな?挿入歌も要チェックです。

第10話 あらすじと感想

唐泛は汪植を訪ねて遼東の地に赴き、隋州の救出を訴える。盗まれた馬の行方を探すことを条件にその要請に応じるという汪植に対し、唐泛は仕方なくそれを受け入れることに。一方、隋州の身を案じた汪植は密かに部下の賈逵(かき)を吉安に派遣する。隋州を懐柔しようとして失敗に終わった知府・黄景隆は、部下に命じて隋州の正体を他の罪人たちに暴露する。隋州が役人だと知った囚人たちは、たちまち怒りの矛先を隋州に向け…。

引用元:bs11 成化十四年~都に咲く秘密~

唐泛の両親は早くに亡くなっていて、親に代わって姉の嫁入りに財産をすべて持たせたって言っていました、なかなか男らしいところもありますね。両親のたった一つの形見があのドゥルラが折った箸だったなんて、食通だから箸が大事っていうわけではなくて、ちゃんと理由があったんです。あの箸で食べる事は、唐泛には家族と食事をするようなものだったのでしょう。彼女にこんな大事な話するなんて、言葉が通じてないのに何か通じ合うモノを感じるのかな?それにしても唐泛は難事件だと思った馬の盗難もあっという間に解決して汪植を吉安府に向かわせることに成功しました。犯人はそのまま殺され事件は解決したけど汪植はやっぱり怖い、犯人見つけたらその場で殺しました。唐泛の馬を探す方法が的確で、唐泛が来たからこそ解決できた事件でした。これで隋州も助かりそう、隋州は牢の中でも武術で新しい頭になってて頼もしい人です、どんな場所でも自分の意志を貫く隋州なら生き残っていけそう、その隋州を必死で助けようとする唐泛の頑張ってる姿も頼もしい、それからこんな冒険に自分からついてきた冬児もたくましい女の子です、味方は一人でも多い方がいいハズだから力を合わせて隋州を救い出して欲しいです。しかし汪植のニセモノはいったい何をする気なんでしょう、想像もつかないです。本人と直接対決だと笑えます。黄景隆の秘密兵器に違いないんですが・・・

第11話 あらすじと感想

隋州を救うため、船で吉安へと急ぐ唐泛たち。その頃、黄景隆は隋州を抹殺するため牢獄に火を放つ。隋州は囚人たちと力を合わせて脱出を試みる。一方、下船した唐泛たちは、上官らによる合同審理によって黄景隆を追いつめる作戦を決行する。汪植は表立って動くことができないため、唐泛は単身で役所に乗り込むことに。しかし黄景隆は唐泛による追及にも全く怯まない。そこへ火事で死んだと思っていた囚人たちが現れるが…。

引用元:bs11 成化十四年~都に咲く秘密~

隋州は牢の中で唐泛の助けを待ちながら、囚人たちの信望も集めている様子です。牢の中も統制が取れて、最初に牢に着た時とは大違いです。汪植は吉安府に着く前に先手を打ち黄景隆を捕らえる為、知府の上官たちを集めてくれて合同審理を行うことになっていました、実はこの審理で黄景隆は偽の汪植を使って、隋州と唐泛をニセモノに仕立てるつもりだったのです。筋書き通りに進むはずだった黄景隆の計画は汪植が本物と入れ替わったため失敗に終わり、黄景隆は捕らえられました。自分の背中の傷を証拠だって見せてた後ろ姿にクラっとしました、この筋肉が素敵だわ、無事都に帰れそうで本当に良かったです。

唐泛と汪植は船で吉安府に向かっていた時、暇つぶしに碁を打っていましたが、横で見ていた冬児がすっかり碁を覚えてしまいました、本当に頭のいい子です。記憶力では唐泛の上を行く天才の様です。ドゥルラもあの壊した箸を直してくれました、唐泛と少しずつ仲良くなっていくのでしょう。二人の女の子たちにも注目したいです。

第12話 あらすじと感想

吉安の事件を解決した隋州が朝廷から褒美をもらうことに嫉妬した錦衣衛の指揮使・万通(ばんつう)は、隋州の部下・薛凌に怒りの矛先を向けようとする。薛凌を守るため、隋州は全ての功績は万通に帰すと明言する。機嫌を直した万通は、重臣の子息が誘拐された事件の捜査を隋州に指示する。その頃、都で発生した誘拐事件が宮中でも大きな騒ぎとなり、汪植も成化帝から徹底的に調べるよう命じられる。

引用元:bs11 成化十四年~都に咲く秘密~

三人は無事都に戻れてホッとしたけど、都では子供の誘拐が後を絶たない状況で重臣・吏部侍郎の息子までいなくなったと大騒ぎです、汪植や隋州まで犯人を捜すことになりました。都の平和を取り戻すため三人は協力することに。三人で捜査を始めれば動きが速いです、あっという間に解決できるかもしれません。今回は食堂のおばちゃんの名前もわかりました、倩兮(せいけい)でした。難しい字で読めません。今回は隋州が豆腐で何品も料理を作っていました、麻婆豆腐もありました、美味しそう!私は汁物が気になりました、豆腐をうすく切る技が凄かったです。

吉安府の事件で、隋州は最後まで明の法を守ることを黄景隆に説いていました、 事件を解決しながら手柄は上官の万通のものになったのは納得いかなかったけど、これが自分の仕事だからと、こんなに報われないのに一心に事件を解決する隋州は心が凄く強い人です。こんな隋州を見ているとなんだかジワジワと好きになってきます。淡々としている様で隋州の性格がにじみ出てくるような彼の芝居には惚れてしまいそうです。

隋州を演じているフー・モンボー(傅孟柏)は台湾出身の俳優で1987年5月13日生まれの34歳、金鐘奨TV映画部門主演男優賞 を獲得したことのある演技派俳優です。2021年には彼の出演する台湾映画「返校」が日本でも「返校 言葉が消えた日」という題名で劇場公開されました、この作品では美術教師チャン・ミンホイを演じました、機会があったらこの作品も観てみたいですね。

【放送情報】

【愛しい僕のラッキーガール】

●TBSチャンネル1 (CS) 2022年10月4日(火) ~午後0:00〜午後0:55

愛しい僕のラッキーガール 各話あらすじと感想 キャスト・相関図

【花咲く合縁奇縁】

【日本初放送】●BS12 (2022/10/7(金)~)金曜 18:00~20:00(2話連続放送)

花咲く合縁奇縁 キャスト・相関図 ネタバレ

【探偵麗女〜恋に落ちたシャーロック姫〜】

●【BS初放送】BS11 全28話(2022/11/1)毎週月~金曜日 午前10時00分~11時00分

探偵麗女 キャスト・相関図 あらすじと感想 ネタバレ OST

【独孤伽羅~皇后の願い】

●日テレプラス(2022/11/2~) 8:30〜 (毎 )月~金

独孤伽羅~皇后の願い 感想 放送予定・動画配信

【万華楼~金糸が紡ぐ運命の恋~】

LaLaTV 2022年 11/5(土) 20:00~

万華楼(ばんかろう) あらすじと感想 キャスト・相関図 主題歌ネタバレ

【大明皇妃 -Empress of the Ming-】

●チャンネル銀河 2022年11/9(水) 26:00~

大明皇妃 キャスト・相関図 全話あらすじと感想 視聴率とネタバレ

【大唐流流~宮廷を支えた若き女官~】

●●LALATV 2022年11月10日 20:00~ 全55話 2019年中国

大唐流流 キャスト・相関図 各話あらすじと感想とネタバレ

関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ツイッター

TOP