狼殿下-Fate of Love- 37話・38話・39話・40話 あらすじと感想

狼殿下-Fate of Love-

狼殿下-Fate of Love- 2020年 原題:狼殿下 The Wolf 配信版 全54話 ※オリジナル版は全49話 

NANAさん

第37話 あらすじ

溍王は皇女・馬摘星を主(あるじ)として迎えることを宣言するが、息子の魏王や重臣たちは反対する。だが前朝に恩義を感じている溍王は迄タンの援軍を阻止し、煬国討伐の為に大功を立てた馬摘星の功績を認めたいという。でも魏王は運が良かっただけ、彼女に国を治める力はないと言い放った。

馬摘星は帰国し国王の椅子に一度は座るが、その地位にはつかないと言い馬家軍までも溍王に託すと宣言した。しかし馬家軍の兵士は馬摘星にしか従えないという、そこで馬摘星は疾沖に馬家軍を預けようとする。疾沖はかつての仲間だった川龍(せんりゅう)軍を密かに集める。疾沖には溍王に対抗するための策略があるようだ。

煬国では渤王たちが帰国したが、第四皇子の怪我は深刻で意識も戻っていなかった。渤王は怪我の治療を遥姫に頼み意識は取り戻したものの心の病を発症していて体が動かせないと言われる。迄タンの援軍も頼めなかったことで皇帝は腹を立て渤王を罰しようとした。

渤王は狼骨花の汁に浸した鞭で自分を打つようにと言い遥姫がその役目を負った。狼骨花の鞭で打たれると渤王は一時的だが獣の様に理性を失なってしまう。皇帝はこれは渤王への戒めだと考えていた。治療をすればすぐにでも皇帝の忠実な皇子に戻るのがいつものことだ。

しかしなぜか今回は薬を与えても渤王は獣のままで理性を取り戻さなかった。溍国に寝返る将軍も出て、楚馗は苦境に立たされる。遥姫は渤王を助ける為に自分の父の住む山へ向かう。そこには辛い記憶があるようだが渤王の為にはそんなこともいとわない。

両国ともに戦に向け着々と準備を進めているように見えるが、二人の息子の意識が戻らない皇帝・楚馗は大変な苦境に立たされている。

第37話感想

渤王は何とか迄タンから帰国できたけど、第四皇子は怪我が重く意識も戻らない状態。皇帝にとっては可愛い末っ子だから泣きわめいて大変でした 迄タンの援軍も得られなかったけど、不測の事態で渤王にはそんなに責任なかったと思う。それだけで鞭打ちなんて酷すぎ。実子じゃなければ本当に扱いが雑で渤王も気の毒でした。

溍国に寝返る将軍もいて、楚馗は皆に好かれてないみたい。やっぱりあの残虐で我儘な性格のせいだよ。しかも渤王の力でみんなを従わせてただけですもの、人徳は全然ないんです。渤王がいなければもう自分しか頼れる者がいないなんて、裸の大様の様でした。

理性が戻らなかった渤王、心の底では自暴自棄になっているのかも、馬摘星に殺して欲しいって願いは、自分からは殺せないという事、彼女を守りたい気持ちがあふれていると思います。

馬摘星は皇女と認められ役目も果たせたことで自信を持ったのか、以前のような冷静さを取り戻しました。その自信がきっかけで全てが上手くいき本当に良かった。彼女なら皇女としても立派にやれると思う。

第38話 あらすじ

渤王に毒が盛られたとの噂がたち、煬国の兵士たちの士気は下がるばかり。渤王府に乗り込んでくる将軍まで現れるが禁足を理由に面会を断る。このままでは噂が事実と誤解されそうな事態だ。

一方溍国では疾沖が溍王の勢力に対抗できるように軍令を偽造し兵を集め続けている。しかも溍王は偽造の罪で疾沖を捕らえる事にする。

その頃疾沖と馬摘星は農村で7年前の出来事を話していた。元帥だった疾沖は仲間によって眠っている間に前線から危篤の母のいる泰元城へ戻されていた。母の死に目にも会えず、前線では仲間たちは奇襲にあい惨敗。溍王は軍法に違反した疾沖の部下達を疾沖の目の前で死罪にしたのだ。この出来事が疾沖と父の間に確執を生んだ。

農村に兵士がやって来て疾沖たちは捕らえられた。困り果てる馬摘星に「皇女に冊封し、溍王を臣下に置けば疾沖を助けられる」と言う者まで現れた。しかし馬摘星はそれを断り、溍王に従うというのだった。軍を率いるものが軍法に触れる大罪を犯せば私情で助けられるものではないときっぱり言った。

溍王はその言葉を待っていた これは全て策略だった馬摘星を試していたのだ。溍王はすぐに冊封の儀を行うと宣言した。”乱世の将”に必要なのは優しさではなく時には非情にならなくてはならない強い気持ちだといった。

皇帝・楚馗は祖先の守る赤霄剣(せきしょうけん)を握り戦場に赴こうと決める。しかし剣を守るのは大兄上・楚有裕の霊。楚馗は有裕を死に追いやった自分を許せぬのかと尋ねた。しかもまだ植物状態の第四皇子をひざまづかせ剣を首にあてたりしている。

楚馗には大兄上・有裕の死に重大な秘密を抱えているようだ。 .

第38話感想

楚馗は大兄上を殺したの?自分の長男なのに…ビックリです。兄弟に優しい優秀お兄ちゃんだったのに、亡霊で登場したのは怖すぎました。渤王も大兄上の死に責任感じてるのに、皇帝は後継者もいらなかったのか?それとも最初から第四皇子を後継者にしたかったのか?自分だけが大事な皇帝には実の子供たちでさえ道具にしか見えないのかと背筋が凍ります

赤霄剣とは何なのか?剣抜くだけで位牌は倒れるし、空では妙な現象まで起きるわ一大事でした。早くこの秘密も知りたいです。

溍国での7年前の出来事がわかりました。疾沖はほとんど悪くない、部下に善意でハメられただけだったのに辛すぎる体験でした。今回疾沖は軍法に違反して捕らえられたけど、馬摘星は助けに行こうとはせず処分を溍王に委ねた。

馬摘星のこういうところは凄く賢い、大局を見て私情を抑える姿勢がまさに将軍の器です。これが7年前の疾沖にかけていたところ。父はその事を体験させて教えたかったのです。

38話は内容が重く、乱世で生き抜くには何が必要か考えさせられました。本当に極悪非道で皇帝になり子供まで殺した楚馗と、時には情を捨てて国を守り子供の事も大事にする溍王。二人の人間性を見せられたけど、溍王の事は今まで全然気付かなかった二人共極悪人だと思ってましたもの、溍王には見事にだまされました。

第39話 あらすじ

溍国では疾沖と溍王は7年ぶりに酒を酌み交わし家族団らんの時を過ごす。父の溍王もとても嬉しそうで馬摘星に思いを寄せる疾沖に恋愛指南をしてくれたり、疾沖の馬摘星に対する気持ちも大事にしてくれる。

馬婧も疾沖の気持ちに気づいていて、馬摘星に今までの借りを返すように勧め、白紙の借用証文を渡すそうとするが、疾沖が部屋にやって来て無理やりキスをする。翌朝疾沖は借用証文に一緒に流浪の旅に出ると書き込み、馬摘星も敵討ちの後なら受けると約束する。

一方煬国は戦に向け足りない兵と食料を手に入れる為、町では無理矢理男たちを連れ去る。こんな事でいい兵士になれるのだろうか。

それから植物状態だった第四皇子も少しだけ指先が動いたようにも見えて脈も安定してきている。遥姫も治療の為、付きっきりの状態で治療を頑張っている。

馬摘星と疾沖も訓練に励んでいたが、馬摘星の剣の腕は格段に上がっている様だ。溍国軍が柏ショウ(はくしょう)城を占領し馬摘星と疾沖もやって来た。渤王軍も侵攻し決戦の時を待つばかり、皇帝・楚馗も援軍になり、溍王も向かっている。両軍ともに10万人以上の大軍を率いて、互いがじっくりと策を練ってきた。

しかし柏ショウ(はくしょう)城には渤王が自分の精鋭部隊を住民の中に潜ませており、開戦と共に城の内外から一気に攻める段取りになっている。いったいどちらの軍が勝つのか戦はもうすぐ始まる。

第39話感想

ついに疾沖は酔って馬摘星にキスしちゃいました。その後は酔っぱらって倒れちゃいました。危うく馬摘星に殴られそうでしたが・・・それに本気で結婚する気で、父親の溍王も賛成しているようで疾沖への期待が大きそう。でも仲良くしている二人を見る兄・魏王の顔が喜んでない様に見えます。

魏王からしたら、この7年間父の右腕で頑張って来たのに弟が帰ってきたら父は弟ばかり褒めてたら気になっちゃうよね。この戦でもこの兄が不安材料なのか心配です。

それから渤王はすっかり元の最強の武人に戻っています。渤王はこうでなきゃ、でもこの戦に勝てるかな?馬摘星達も万全の準備を整え戦をむかえます。しかも皇帝・楚馗まで戦に参戦するって言ってたけど、どんだけやる気なのか、結構な年寄りに見えるけど負けたくない気持ちだけは凄い!

この柏ショウ(はくしょう)城に皆が集まります。私の予想は渤王の勝利だけど、そうは簡単に決まらないでしょう。

第四皇子・有禎の病状は重く植物状態だけど、指がちょっと動いていました。これは回復の兆しが見えてきたという事かな、柿と4兄弟(四子?)が同じ発音”シーズ”だから柿が大好きって、養子の渤王を含めてどんだけ仲良し兄弟だったのか、兄たちがいなくなってどれだけ寂しいか切なくなりました。

今は遥姫が全力で治療してくれています。遥姫も渤王の事ずっと心配して、疎遠だった父のところまで行ってくれたし、好きなのは間違いない、だからきっと第四皇子も治るはずでしょう。

戦の結末も気になります。

第40話 あらすじ

渤王は戦を始める前に使者を送り馬摘星と1対1で会いたいと申し出る。しかし疾沖は危険な行為だと反対するが、逆に一緒にいく事になってしまう。渤王は馬家軍だけは全滅させ馬婧(ばせい)も逃がさないと脅かし降伏を迫る。馬摘星は渤王を倒すための策を立て蝶と狼骨花を用意させ、渤王を騙し返答に2日間の猶予を貰う。

第四皇子・有禎は実は植物状態ではなかった。あの赤霄剣(せきしょうけん)を抜いた時、現れた大兄上有裕の霊が自分は楚馗に殺されたと教えてくれていたのだ。

その時から病は治っていた。そして渤王や重臣たちも巻き込み楚馗を皇帝を倒そうと考えた。しかし遥姫が偶然第四皇子の病がおかしい事に気付き楚馗に報告していたのだった。渤王の為にしたことだけど、この行為が渤王を窮地に陥れるのかもしれない。

決戦の朝、柏ショウ(はくしょう)城に向かった渤王は様子が何か変だ。自分だけが弓の射程圏内に無防備に入ってく。渤王はこのまま死のうとしているのだろうか?そして有禎を皇帝の座に付けるつもりなのかもしれない。

この戦のカギは渤王の馬摘星への思いの強さだろう。それから敵は溍国軍だけでなく、味方の中にもいる。それをどうやって仕留めようとしているか。面白い戦になるに違いない。

第40話感想

狼骨花を生成して煙にしたり、弓に塗ったり、渤王への1点集中した戦。他の敵はどうするんだろう?もう渤王自身も死ぬ気かもしれないけど、軍営にいる有禎の事は絶対守りたいはずだから。城は攻め落とせずとも、 莫霄(ばくしょう)や文衍(ぶんえん)にしっかり引継ぎしていると思う。

有禎を皇帝にして楚馗を倒せたら、自分の存在はいらないと思っているのかも。考える以上に深く馬摘星を愛している渤王。違ったもうここにいるのは狼仔に見えてきた。生きたいと思ってないから戦場なんか怖くないんだろう。

一人馬で城に向かって歩み出した渤王を私なら止めちゃう。死んじゃダメって叫びたいです。弓をひく馬摘星も心は繋がってる人だからわかっているに違いない。とにかく決戦が始まるのだろうから、悔いのない戦いをして欲しい。戦のシーンはスケールが大きいから私は好きなんだけど、血はちょっと苦手。矢がとんでもない数飛んでくる中国らしい戦が面白くて好き、この決戦も見せ場が多そうです。

それから有禎が楚馗を失脚させようとしたのに、遥姫がやらかしてしまった様で、有禎の変化に気づいてたのに渤王に言ったらヤバいと思い皇帝に報告したみたい。渤王の事好きだからこそ心配で言えなかったのに、この行為が渤王をピンチにしちゃいそう。遥姫は皇帝よりも渤王の方が大事だったはずだけど、彼女もこの計画に巻き込めばよかった。

渤王を怪我させないでと祈りたい、やっぱり彼が主人公ですから死なないと思うけど守ってあげたいな。決戦の今日がヤマ場、今まで観てきた中で一番次回が気になっています。

【放送情報】

 

【策略ロマンス~謎解きの鍵は運命の恋~】

●【テレビ初放送】LALATV 2023/2/1 (水)  月~金 20:00~

策略ロマンス~謎解きの鍵は運命の恋~ キャスト・相関図 あらすじ ネタバレ

 

【マイ・ヒーリング・ガーデン~僕の恋する葡萄園~】

●【テレビ初放送】LALATV 2023/2/1 (水) 21:00~ 毎週月~金放送

マイ・ヒーリング・ガーデン~僕の恋する葡萄園~ キャスト・相関図 あらすじ ネタバレ

 

【一夜の花嫁~Pirates of Destiny~】

●【BS初放送】BS11【2023年2月3日~】毎週月~金曜日 午前10時00分~11時00分

一夜の花嫁~Pirates of Destiny~ キャスト・相関図 ネタバレ

 

【君(あなた)になるあの日】

●【日本初放送】アジアドラマチックTV 第1話先行放送 2023/2/08(水)00:00~ 本放送(2023/2/21(火)~) 月~金 17:30~

君(あなた)になるあの日 キャスト・相関図 あらすじ ネタバレ

 

【万華楼(ばんかろう)】

●BS12 全36話 (2023/2/9)(木)再放送スタート月~金曜 あさ 5:30~6:30

万華楼(ばんかろう) あらすじと感想 キャスト・相関図 主題歌ネタバレ

 

【白色月光~愛した人の隠顔】

●【日本初放送】BS11(2023/2/16)毎週月~金曜日 13時00分~13時30分 全24話

白色月光~愛した人の隠顔(かくれがお)キャスト・相関図 ネタバレ

 

【夢織姫~秘密の貴公子に恋をして~】

●LaLaTV 再放送 (2023/2/17(金) ) 月~金 07:00~

夢織姫~秘密の貴公子に恋をして~ キャスト紹介・第1話無料配信・予告動画・OST

 

【安家 I WILL FIND YOU A BETTER HOME (家売るオンナ 中国ドラマ版)】

●日テレプラス(2023/2/23(木)08:00〜)毎週月~金 【字幕 】

安家 I WILL FIND YOU A BETTER HOME (家売るオンナ 中国ドラマ版) キャスト紹介

 

【宮廷恋仕官~ただいま殿下と捜査中~】

●BS11 全29話【2023年3月9日~】毎週月~金曜日 午前10時00分~11時00分

宮廷恋仕官~ただいま殿下と捜査中~ キャスト・相関図 あらすじ ネタバレ

 

関連記事

現在放送中の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ツイッター

TOP