三国志~趙雲伝~  キャストと感想 動画配信

三國志

放送予定

●BS12 過去に放送あり

●WOWOW 過去に放送あり

●DATV 過去に放送あり

三国志~趙雲伝~
2016年 全59話
原題:武神趙子龍

Amazon 三国志~趙雲伝~

あらすじ

時は後漢(ごかん)末期、専横を極める董卓(とうたく)は、皇帝が密かに趙安(ちょうあん)と李全(りぜん)に託した2本の宝剣、倚天(いてん)剣と青釭(せいこう)剣を手に入れんと常山郡に兵を送り込み、青釭剣を守ろうとした趙安は命を落とす。趙安の息子、趙子龍(ちょうしりゅう)<趙雲(ちょううん)>は青釭剣を持ち、真定(しんてい)県にいる父の弟弟子、李全を頼ることに。そこで、趙子龍は運命の女、夏侯軽衣(かこうけいい)と恋に落ち、軽衣の許婚であり、宿命のライバルとなる高則(こうそく)と出会う。李全のもとで武芸の腕を磨き、山賊の手から真定県を守り抜いて英雄と称えられた趙雲は、国を立て直すために仕えるべき明君を求めて世に旅立つ。そして、後に蜀の初代皇帝となる劉備(りゅうび)と出会い…

引用元:bs12 三国志~趙雲伝~ 

相関図

引用元:ポニーキャニオン 三国志 趙雲伝 相関図より

キャスト

趙雲(趙子龍)役  /ケニーリン(林更新)

画像出典 :ponycanyon  三国志~趙雲伝~ CAST

ケニーリン(林更新) 生年月日:1988年02月13日 身長186cm 体重71kg 2007年上海戯劇学院演技科に入学し、在学中にはモデルとして雑誌やTVCMなどに出演。ドラマ、映画、テレビのパフォーマンスで学士号を取得し卒業。『宮廷女官 若曦』で第14皇子 愛新覚羅 胤禎役で俳優デビューを果たし、2011年度の様々な新人賞を受賞しブレイク。

夏侯軽衣役 /ユナ〈少女時代〉

画像出典 :ponycanyon  三国志~趙雲伝~ CAST

夏侯軽衣 /ユナ〈少女時代〉

ユナ(윤아, YoonA, 本名: イム・ユナ , 임 윤아, Lim Yoon-A, 林 潤妸〉、生年月日1990年5月30日 。身長 168 cm 体重48kg 血液型 B型。韓国・ソウル特別市出身の女優、アイドル。少女時代のメンバー。少女時代のメンバーで、グループでは「少女時代の顔」として「センターポジション」で「リードダンサー」。ラブレイン(2012年、KBS) – 主演、(チャン・グンソク、少女時代のユナ。)キム・ユニ/チョン・ハナ 役で出演し、のちに映画化もされた。女優での活動も多く、女優としても多くの賞を受賞している。

高則役 /John-Hoon キム・ジョンフン

画像出典 :ponycanyon  三国志~趙雲伝~ CAST

高則 /John-Hoon キム・ジョンフン (金 楨勳、김정훈、生年月日1980年1月20日 – )は、韓国の男優、歌手。慶尚南道晋州市出身。身長176cm、体重64kg。血液型AB型。2000年、韓国でチェ・ジョンウォンとのアイドルユニットUN (UN) として、歌手デビュー。2005年9月に解散。主な出演 宮 -Love in Palace-(2006年、MBC) – イ・ユル役、ロマンスが必要(로맨스가 필요해)(2011年、tvN) – キム・ソンス役など

動画配信

※配信は記事作成時のものです。(2022/1)配信期間が終了している可能性がありますので、該当サイトにてご確認ください。

U-NEXT、dTV、Amazon video 三国志~趙雲伝~ 、GYAO!、ショウタイム、楽天TV、ビデオマーケット、TSUTAYA TV

感想

バブ君さん

本作品は三国志演義の中でも人気が高い武将で趙雲子龍を主人公に描かれています。ストーリーとしては護国神器とされている青コウ剣と倚天剣の保護をめぐり、後に武芸の師匠となる李全との出会いや、夏侯軽衣と出会い恋におちたり、夏侯軽衣の許嫁で趙雲のライバルとなる高則が登場することによってスタートします。序盤では出身地の常山真定県を山賊の攻撃から守り抜き、後に蜀の皇帝にとなる劉備と出会い仕えるという、流れの中様々なエピソードが織り交ぜられながら描かれています。

 本作品の構成としては、三国志に登場する人物と歴史的事実(反董卓連合結成、貂蝉をめぐる呂布の董卓暗殺、袁紹と公孫瓚が戦った磐河の戦い、下邳城の呂布討伐戦、劉備が諸葛亮を迎え入れた三顧の礼や趙雲が孤軍奮闘した長坂破の戦い、赤壁の戦い等)を基本軸にストーリー展開されつつも、そこから派生して色々なオリジナル創作ストーリーの部分が多く、架空の登場人物も多く出てきます。

ライバル高則や夏侯傑との因縁やその中で発生する戦いも見どころの一つです。また、夏侯軽衣や公孫宝月、馬玉柔による女性陣の趙雲をめぐる恋愛模様も描かれていて、このあたりも他の三国志作品にはない部分だと思います。

 それと、なん言ってもセットの背景や使用されている中国ならではの建物、風景がとてもきれいで、見ているだけで引きつけられます。本作のストーリー中に出てくるアクションシーンも回によっては長めに収録されており、馬上の戦闘シーンや空中戦等も迫力満点です。私個人が一番おススメするのは趙雲が劉備の子を抱えながら、孤軍奮闘、曹操軍と戦う長坂破の戦いのアクションシーンです。

 三国志シリーズと言えば、その他作品では史実に基づきストーリー展開されているだけのものが多く、物語の流れだけでみると大抵は同じような感じなっているケースが多いのではないかと思います。このため、タイトルが三国志と聞けば「またか」や「どうせ同じようなストーリー展開なのでは?」と思われる三国志ファンの方も多くいるかもしれません。

しかし、本作は史実以外のオリジナルストーリー部分が充実しており、その部分が三国志ドラマに対しての新たな楽しみを見出してくれていると思います。このため、三国志に全く興味がないという人にも十分楽しめる要素が本作品には沢山詰まっていると思います。純粋にドラマを楽しんで頂く感じで見る事が出来ると思いますので、是非おススメしたいと思います。

関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP